グローバルビジネスに携わるプロフェッショナルへの言語トレーニング | Learnship

ビジネス言語トレーニング

コミュニケーションの向上、コラボレーションの強化

コラボレーションの成功は円滑なコミュニケーションから始まります。そしてそれが国を越えてのものならば、しっかりとした言語スキルなしでは行えません。Learnshipはこの問題を解決するためにあります。Learnshipの言語トレーニングは12の主要言語を取り揃え、第二言語の基礎から職業特有の複雑な専門用語に至るまで全てをカバーしております。

ご相談ください。

Illustration of a woman with a speech bubble containing a graph coming out of her mouth to represent business language training.

ビジネス言語トレーニングとは?

ここではシナジーの定義についてではなく、異文化が共存するチームで円滑なコミュニケーションを行うために必要な言語スキルについてお話しします。スキルは、大きく3つのカテゴリーに分けられます。

基礎言語スキル s

リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングのスキル

 

職業特有の言葉

職業に関連した用語や言い回し

 

実用的ビジネスコミュニケーションスキル

新しいアイディアのプレゼンや交渉、説明など

a woman talking to a group of people

Value prop 1:

より良いチームを築く – コミュニケーションとコラボレーションの向上を図る

Value prop 2:

社員のやる気とリテンションを高める – 個々の成長を促す

Value prop 3:

個々のパフォーマンスを高める – 自信をつける

01

ビジネス言語トレーニングの重要性

言語トレーニングがもたらす最も顕著なメリットはコラボレーションの向上です。円滑なコミュニケーションが行われている場では、チームがまとまり、アイディアの共有や意思決定がしやすくなります。

しかしもう一つ、目立たないけれど確実に大きなメリットがあります。それは‘自信’です。これには個人レベルでしか気がつかないかもしれません。効果的なコミュニケーションを行うための助力は、自信を養います。これはビジネスにとって貴重な資産といえます。 個人の自信は、自身の喜びや生産性、共有への積極性などあらゆることに波及効果をもたらします。次にそれは会社の文化やリテンション率にも効果をもたらします。

two men discussing something over a laptop

02

Learnship のビジネス言語トレーニング

Learnshipは3つの柱を中心にビジネス言語トレーニングを作り上げました。経験や知識豊富な講師、柔軟性があり使いやすいテクノロジー、そして特に関連性のあるコンテンツの3柱です。そしてこれらは全て、10年以上にわたり行ってきた異文化コミュニケーショントレーニングの経験に基づいた漸進的な学習論により支えられています。

a woman sitting at a table using a laptop, pointing at a card

カスタマイズされたプログラム

ソリューションやコース教材は全て、学習者のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。独自のご要望をお聞かせください。

Learnship’s competence in change management goes well beyond designing and implementing new L&D programs; we have been fortunate to capitalize on their experience and know-how to support Pirelli’s HR and digital transformation initiatives in learning.

Donatella De Vita, Global Head of Learning, Welfare and Engagement, Pirelli

Architectural brand asset design depicting blue waves on a red background to represent corporate social responsibility.

ご不明な点、ご要望はありますか。

さっそく始めましょう。

 

Help your people pick up vital skills in as little as five weeks.